【グルメ】慈眼寺公園でそうめん流しを食べよう

グルメ

皆さんこんにちは、エヌです。

夏になると食べたくなるものがありますよね、そうめんです!

そうめんに塩おにぎりを食べるのが美味しい。

時間とお金があれば焼き魚を添えてもいい。

土曜の昼はそうめんをすすり、吉本新喜劇を観るのが少年時代の夏の思い出。推しは珠代姉さんです。

そしてそうめんと言えば、ここ鹿児島では夏の風物詩となっている料理があります。

そう、そうめん流しです!

慈眼寺公園 そうめん流し

と、言う訳で今回は鹿児島市にある慈眼寺公園そうめん流しをご紹介します!

そうめん流しと言えば、指宿市の唐船峡ですが、鹿児島市にも何件かそうめん流しのお店があります。その内のひとつが、ここ慈眼寺公園のそうめん流しになります。

下の写真のように、慈眼寺公園の一角にそうめん流しのお店があります。食事の後は、散歩をしながらお花を見たり、近くの博物館・ふるさと歴史考古館に遊びに行くのも良いでしょう。自由研究の題材が見つかるかもしれません。

鹿児島市立ふるさと考古歴史館
土器や石器、陶磁器など、旧石器時代~近代の鹿児島市の歴史を展示しています。また、勾玉作り、火おこし・土器・土笛などの体験学習も実施しています。

繁忙期は人がとても多く、車が混雑しています。

お急ぎの方は、時間にゆとりをもって食べに来るか、ランチタイムは避けるのが吉です。

(私が食べに行った時は、車が50m近く渋滞しており警察の方が整備されてました……)

車を停めて、お店に入るとこちらの看板が見えてきます。

定食Aか定食Bを頼むのが一般的だと思いますが、①そうめん②鯉こく③おにぎり、のように単品で注文するのも乙です。私は鯉こくが好きなので、食べに行った際は鯉こくは注文するようにしています。

看板を見て知ったのですが、運営は谷山の観光協会なんですね。金額がやや高めなのも頷けます。

鹿児島のそうめんは流さずに回る

世間一般の「流れるそうめん」は流しそうめんと言って、竹に水を流し、そこにそうめんを流すというもの。私も学校行事等で竹を割り、食べた思い出があります。

しかし鹿児島で言うそうめん流しとは、下の動画のように円形の機器に流水を起こして、そこにそうめんを流すというもの。

鹿児島県民にとっては、こちらの方がなじみ深いのではないでしょうか。

なぜ、こういった機器が生まれたのか。調べてみると、幾つか理由が出てきましが、文献として記録に残っている気配はありません。

(国立国会図書館のデジタルアーカイブ、及び論文検索サイトCiNiiでは見つからず……)

まともに取り上げて、記録を残してみるとひとつの研究報告になるかもしません。

興味のある方はぜひに。

……ある調査では流しそうめんは聞いたことがあるけれどそうめん流しは聞いたことがない人が48%だったとのこと。鹿児島で調査したらまた結果が違いそうですね。

参考:https://www.jstage.jst.go.jp/article/bunken/72/1/72_56/_pdf/-char/ja

いただきます!

お店の雰囲気を楽しんでいるうちに料理が届きました。

鮎の塩焼き、そうめん、鯉こく、おにぎり、お新香のセットメニュー、定食Bです。

そうめんは写真のざるから取って、水に流していきます。鯉こくや鮎の塩焼きも美味しそうです。

鹿児島のそうめん流しは、野外で食べるのが一般的。山の麓、渓流のそばにあることも多く夏の暑さの中でも涼しくいただくことが出来ます。

温かい鯉こくを飲みながら、冷えたそうめんを食べる。最高です。

ごちそうさまでした!いやぁ、満足です。お腹いっぱい。

骨の髄までしゃぶりたくなる美味しさでした!

おわりに

さて、いかがだったでしょうか。

人によっては「そうめんに1000円もかけるのはちょっと……」と思われる方もいるかもしれません。

私も年に1度行くか行かないかです。

年中営業している訳でもないので、たまの贅沢として、足を運んでみてはいかがでしょうか。

外でご飯を食べる機会も中々ないこともないですし。

「今年も夏が来たなぁ」と感じることが出来ます。鯉こくも美味しいです。

余談にはなりますが、最近鯉を釣って食べたいなという気持ちが強いです。

池田湖で釣った鯉は美味しいらしいでの興味のある人は一緒に行きましょう。

それでは。

慈眼寺公園そうめん流し

慈眼寺そうめん流し
鹿児島市下福元町にある「慈眼寺そうめん流し」は谷山観光協会が運営しています。3月中旬から10月末にかけて、川のせせらぎを聞きながら「そうめん流し」が楽しめます。地下水を使った水圧を利用して噴水のように湧き出る噴流型そうめん流しは唯一。四季折々の花々や歴史を感じる慈眼寺跡など、風光明媚な景観で涼を体験できます。

場所:鹿児島県鹿児島市下福元町3785

電話:099-268-2504

営業時間:10時~18時(3月~10月※基本は休みなし。10月は17時までの営業)

コメント

タイトルとURLをコピーしました